サーフィンはモテるのか?サーフィン歴10年の私がお答えしましょう

世間では、サーフィン=モテる趣味と思っている方が多いと思います

実際、モテそうだから…とサーフィンを始める人は多いです。

もしかしてあなもそうですか?(笑)

私もサーフィン始める前は、なんかサーフィンってカッコイイ。モテそうと思って始めました。

そうして始めたサーフィンも今年で10年目に突入。

さぁ、結果はどうなのでしょうか?

今日は、『サーフィンやってたらモテるのか』そんな素朴な疑問にお答えしていきたいと思います。

なぜサーフィン=モテると思っている人が多いのか?

なぜか世間では、サーフィン=モテると思っている人達が多いです。

まぁ私もそうなんですが、そもそもなぜサーフィンはモテると思っている人達が多いのでしょうか?

私が思うに、これは完全に雑誌や広告の影響だと思います。

特に最近の男性誌では『大人なサーファー』をコンセプトにした雑誌が多く。

日焼けしたサーファーっぽいモデルの外人が、オシャレな服を着ていたりしますよね。

で、会社の社長やオシャレな人達の休日特集とかでサーフィンしていたりします。

きっとそういうのを普段から見ているから、サーフィン=モテそうと思ってしまうのでしょうね。

サーフィンやると見た目が変わる

これははっきり言えますが、真剣にサーフィンをしていると見た目が変わってきます。

まず体つきが変わってきます。

胸板は暑くなり、背中と肩周りの筋肉がつきます。

そして、運動量が意外と多いので痩せます。

すると、はい!逆三角形体型の出来上がりです。

そしてもちろん日焼けもするので、見た目はかなり逞しくなります。

特に、ひょろひょろで頼りなさそうな見た目の人は、サーフィンやると劇的に見た目が変わると思います。

ただし、これは真剣にサーフィンに取り組んだ場合の話で、真剣に取り組んでない人はきっと日焼けして終わりでしょう。

サーフィンやっている人は若々しい人が多い

サーフィンを真剣にやっていると、見た目ももちろん変わるのですが、内面も変化します。

都会で仕事漬けになっているおじさん達って、疲れきった顔している人多いですよね。

サーファーにはそんな疲れきった顔をしてる人はいません。

なぜなら、サーフィンでストレス発散しているから。

サーファーは溜まったストレスは海に流してきます。そして帰る頃には体は疲れてますが、心はスッキリしているのです。

あと、サーフィンやっている時は童心に返ります。

まるで大きな子供のように、夢中になって遊びます。

これはサーフィンに限らずですが、大好きな趣味に没頭している人って見た目が若い人が多いですよね。

それと一緒で、サーフィンしている人には年を取っても若々しい人が多いです。

実際にモテた経験

で、本題の実際にモテた経験ですが、う~んどうでしょう?(笑)

あまりないような気もするけど思い出してみましょう!

飲み会や合コン編

趣味がサーフィンというだけで、確かに『すごーい』『カッコイイ♪』と言われることは多いです。

ただ、これは勘違してはいけないのがあくまで趣味のサーフィンをカッコイイと言っているだけで、自分がカッコイイと言われているわけではないのでモテてるわけではないですね。

ただ趣味はサーフィンと言うと食いつきはいいので、話のネタには十分なると思います。

サーフィンがきっかけになることも

私は10年サーフィンをしているので、初対面の人に『趣味はサーフィンです。』と言っている回数は多いです。

女性がいる場でサーフィンの話をしたら、けっこーな割合で『私もやってみた~い』と言ってくる女性多いです。

これは、女性を誘うきっかけになりますよね。

最近は特に、サーフィンやりたがっている女性が多いような気がします。

そこで、あなたが初心者を脱出できていればサーフィンを教えて上げることもできますよね。

サーフィン教える時って、ゴルフとかテニスみたいにマンツーマンで教えるので、女性との距離は一気に縮まると思います。

これはモテるきっかけになるのではないでしょうか。

>>初心者をいち早く脱出したい方はこちら

まとめ

サーフィンはモテるのか?の結論。

『モテるモテないはその人による』です。

なんか微妙な回答ですいません(笑)

たしかにサーフィンは趣味としてカッコイイスポーツだと思います。

しかし、サーフィンやっている人でも、カッコイイ人とカッコ悪い人がいます。

やっぱり自分のスタイルを持っている人は男から見てもカッコイイです。

ここでいうスタイルとはサーフィンの技とかだけでなく、ライフスタイルも含めてのことです。

これからサーフィンを始める人には、ぜひスタイルのあるサーファーを目指して欲しいです(^_^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする