サーフィン初心者はまず何を練習すればよいか?

「サーフォンを始めたばかりなんですが、何をどう練習すればいいんだろう?」

「どうやったら、自分の憧れるサーファーみたいに波に乗れるようになるんだろう?」

「サーフィンって思っていたより難しい…」

サーフィンって実際やってみると思っている以上に難しいですよね。

もう何回か海に行ってるけど一向に上達しない…。自分の理想のサーフィンができるようになるには何を練習したらいいのか…

今日は、そんな疑問にお答えしていきます!

サーフィン初心者がまず練習すべき事

サーフィンやっている人は必ず自分の理想があると思います。

「ここまではできるようになりたい。」とか、「憧れのプロサーファーみたいに滑りたい!」とか、人によって理想は違うとおもいますが、どんな理想があろうと最初にやるべきことは決まってます。

まず、サーフィン始めたばかりの人はテイクオフですよね。まずはこれを完璧にできるようになりましょう。

その為には、最初は波を選ばずどんな波にでもテイクオフしてやるぐらいの感じで練習するといいでしょう。

よくサーフィンのHOW TO本とかでは、波を選びましょう!と書いてあったりしますが、初心者の頃なんてそもそもどれが乗れる波か、乗れない波かなんてわからないですからね。

私もサーフィン始めた頃そうでしたが、波選びというのがまったくわかりませんでした。

なので、まずはどんな波でもいいからテイクオフしてみてどの波が乗れて、乗れない波なのか体で覚えるのいいと思います。

初心者の方で、波選びばかりしていてちっとも乗れない人をよく見かけますが、あれほんともったいないですよ。

だってもともと乗れないんだから、いい波来たって乗れるわけないんですから。

まずは、インサイド(足の着く場所)でひたすらテイクオフの練習をしましょう!

中には、そんなのカッコ悪い‥と思う方もいるかもしれませんが、誰もそんなこと思ってませんよ。逆に中上級者はあなたのことを関心して見ていると思いますよ(^^)

ちなみにテイクオフを極めるとどんな波にでも乗る事ができるようになります。

大きな波はもちろん。こんな小さな波で乗れるの?っていう波でも乗れちゃいます。

どんな波にでも乗れるようになったら楽しいでしょ?

頑張りましょう!

テイクオフができるようになったら

テイクオフが安定してできるようになり、ある程度波に乗れるようになったら沖にでてみましょう!

いよいよ沖に出てのサーフィンですが、ここでまた難関がおとずれます。

それはパドリング。

今までは足の着くところで練習をしていたので、波に乗るとき以外はパドリングをする必要がなかったですが、沖にでるとそうはいきません。

沖にでる時、波のある場所に移動する時、流されないようにする時、波に乗る時、これらすべてをパドリングで行います。

沖に出ると足がつかないので、必然的にパドリングだけで移動することになります。例えるなら足みたいなもんです。

普段の生活では足を使って移動しますよね。それが海になるとパドリングになります。

このパドリングという動作は、日常でやることがないので最初は筋力もなく進まず、疲れるし大変だと思います。

しかし、これは超えなければいけない壁なので超えてください(笑)

もうこれはパドリングしまっくって慣れるしかありません。効率のいいパドルの仕方はありますが、どうしても筋肉が必要になってきますからね。

なので、テイクオフができるようになったら、次はパドリングです。

足で歩くぐらいの感覚で、自然にパドリングができるようになるまで頑張ってみてください!

私は、パドリングを制するものがサーフィンを制する。そう思ってます。

実際サーフィンやってても、8割ぐらいの時間はパドリングの時間です。

最初は大変かも知れませんが、慣れたら楽にできますからぜひ頑張ってください!

男性の方は、パドリングをやればやるほど筋トレにもなりますからたくましい体になりますよ!一石二鳥ってやつですね!

イメージトレーニングをしてみよう

サーフィン上達したい人に必ずやってほしいことがあります。

それはイメージトレーニングです。

イメージトレーニングって言ってもそんな大それたものじゃなくて、YouTubeなどの動画を見てイメージしてみるだけです。

ただ、このイメトレするかしないかでは全然違いますよ!

それはなぜかというと、サーフィンはイメージのスポーツだからです。

自分でイメージできないことは海に行ってもできないですからね。

サーフィン行く前は是非、動画を見てイメージトレーニングしてみて下さい。するのとしないのでは全然違いますから。

まとめ

サーフィンは自由なスポーツです。

プロになりたい人もいれば、そんなに上手にならなくてもいいからサーフィンしている時間を楽しみたい!という人もいて、いろんな目的の人がいます。

サーフィン技術を覚えることも大事ですが、あまり気をわず自分のペースで楽しんでサーフィンしましょう!

enjoy surf♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする